お薦めウェブノベル【適宜更新】

 最近ウェブノベルを漁るようになりました。読んだもので記録しておこうと思ったorこれから読むものははてなブックマーク - pub99のブックマーク - web-novelで残しています。その中で時間を忘れて読みふけった物は以下。適宜更新しています。


【オリジナル】

 ニートが転生する話。べらぼうに面白い。転生物兼ビルドゥングスロマンの傑作。

 平凡な男が貴族の八男に転生する話。社会の描き方がうまく、貴族の面倒くささが面白い。あと開墾物としてこれから進んでいきそうで楽しみ。どんどん面白くなるので序盤は我慢。

 平凡な大学生が異世界に召喚され、戦車を召喚する能力を得た話。非道な侵略者物が好きなら、どんどん盛り上がる。オチが弱いのが難点。

 ヴラド三世に憑依物。基本は元の人格で15世紀欧州での内政・外交・戦争を現代知識というチートをもって行います。それだけでもそれなりに面白いのですが、時折激昂した際にヴラド三世の感情が表出してくるのが良いアクセントになっていました。その感情が煮詰まった描写が実に熱いし、クライマックスで感動しました。

 腹がよじれるぐらいワラタ。主人公はハイスペック清楚ビッチ女子高生で、乙女ゲーのモニターになり死にまくります。主人公の造形がほんととんでもない。恋愛力58万の化け物というか、人知を超えた愛というレベルじゃねーぞと。不謹慎さにひっかからなければド級の傑作。圧巻の葬式シーンといい、即死芸といい、ブラックユーモア万歳。

 オリジナルファンタジーで逆行物。とにかく熱い。男女問わず武将が格好良く武を張る。時々改行がお粗末だったり文章が疎かになるけど、さっぴいても武侠物として秀逸。最大の問題は最終更新日にある。や、10年までは待つよ?


マブラヴ

 調子のいい30代の男が最強白銀武に憑依する話。勘違い&俺tueeの傑作。どのヒロインにも内面でにやけながらこなかけて、それでもtueeで勘違いされて好かれて、tueeからこそ正編を改変していくのが楽しい。

 マブラブの勘違い系オリ主物。勘違いと本人の素質により飛行特化型の戦い方が極められていくのが面白い。ネタバレすると面白くないのであまり前情報なしで読むことをお勧め。

 武張る最高の衛士・白銀武、躍る新戦術機・伊邪那岐、逆襲する人類。これぞ武最強物の王道かと。
 


リリカルなのは

 オリ主物。オリ主のせいでリリなののヒロインたちが病んで、デレていく話。なのはが愛にくらんで容赦なくフェイトをぼっこぼっこにするのを受容できるなら、ヤンデレ物として滅法面白い。

 オリーシュ物。小学生に転生して、はやてさん家に転がり込む話。はやてと三騎士とひたすら馬鹿話をして、ゲームをして、ご飯を食べる。ただそれだけなのだけど、非常に羨ましい内容になっている。

 オリ主TS物。鉄面美幼女魔導士として、戦場の狂犬に育っていく話。血みどろが好きで、ヘルシングが好きならなおのこと、傑作。

 オリ主がF計画の失敗作に憑依した話。原作知識をもって最善を選ぼうとしても、常により悪い結果になり、色々なものを失っていく。それでも何度打ちのめされても立ち上がるのが物凄い熱い。いわゆる『鉄の心』物としても最高。マルチエンドなのですがフェイトENDにマジ泣きしました。どストレートな実妹物だけど、上手い。

 オリ主原作知識なし憑依物。なのはさん陰陽師が憑依し、その効率と生存に重きを置く冷徹な性格から、組織と人間関係を変えていきます。まさに魔王というぐらいに、やり過ぎなのが面白い。

 喋れず、満足に動けない5人目の守護騎士に転生した話。勘違い系と思いきや、かなり暴力的な方向へと進んでいく。ポチと名付けられたのと合わせて、リリなので『夢幻廻廊』をやったみたいな、かなり違うか? ともかく自己犠牲の嵐なのに我慢できればお薦め。

 空白期の墜落事件により、なのはこれからジュエルシードの事件が始まる別世界に飛ばされる――。所謂逆行物。1週目の性格改変本編と2週目の再構築が交互に語られる。すさんで孤高ななのはさんが格好良くて可愛い。どのキャラからも性的に狙われ、流されて爛れた日常を送る隙っぷりが実に良い。ジュエルシードに50話もかけていてちょっとだれるけど、結構楽しめる。ただはやてさんの性格改変が無理筋な気もする。


銀河英雄伝説

 帝国側にラインハルト・キルヒアイスの親友の貴族として転生し、無責任男的に出世していく話。調子の良さで悲劇を最大限の喜劇にまとめていくのは読んでいて楽しい。

 帝国側に転生して、平民ながら才覚と原作知識で成り上がっていく話。大作にして傑作。難点は、大作過ぎて読むのにむちゃくちゃ時間がかかることか。アンチラインハルトなので、そこだけ注意。


コードギアス

 ノネットエニアグラムの弟をオリ主とした本編再構築。ひょうひょうとした生粋の騎士をキャラ作り、めりはりのある良質な物語を展開します。ルルーシュとのコンビも巧みに書かれており、とりわけ最終決戦前に一緒に別の世界に飛ばされるあたりからの盛り上がりは素晴らしかったです。あと『FINAL TURN『コードギアス』』の最後の会話は感涙。


HUNTER×HUNTER

 オリ主転生修行tuee系。最強の主人公とネテロの下、念能力と制限、活用がほどよくバランスを取っていて面白い。


Fate

 ギルガメッシュに憑依物原作知識有。素晴らしく良いFate/zeroの再構築。ランサー陣営に愛が持てる。


ゼロの使い魔

 セロ魔キャラ→現代→同じセロ魔キャラという転生。オリ展開は勘違い系の王道。生き残りたいだけの主人公が周りからどんどん評価されていくだけとも言える。ただ灰色の髪と灰色の眼、普通の体型に、普通の魔法の素質、そして無理やりなアッパーな性格という造形は好感度が高かった。それにオリ展開により原作の書き換えがおこり、現代パートで不穏な動きがあったりと、工夫がこらされている。完結してほしいけども難しいか。

 題名通り性的にはっちゃけてしまったゼロ魔世界。頭空っぽにして笑える。性道具のルイズ、絶指のデルフリンガー、鉄仮面のアンリエッタなどなど異常な面子のなかで、キュルケは改変されておらず取り残され気味な工夫も良い。

 題名通りダース・ベイダーが召喚される話。抜群に面白い。読んでいてテーマ曲が鳴り響く大正義っぷり。クライマックスのスターウォーズっぷりは必読。確かにハルケギニアスターウォーズの舞台になっても何にもおかしくはない。何はともあれ読むべし。


【その他】

 ファイアーエムブレム封印の剣に出てくる小物貴族・ナーシェンに憑依した話。仮想戦記物として極上。あとエロゲの小説化に吹いた。

 SEEDのオリ主物。ニュータイプの力を空間把握と未来予測としての戦闘能力のみに使う軍人が共感に目覚めていく流れが良かった。コードギアス 反逆しない軍人の作者の作品であり、ストーリー・キャラともに手癖が見えます。オチを比べるとギアスの方に軍配が上げますかね。

 魔導巧殻のオリ主物。人馬一体の騎士が漆黒の騎馬隊を統べる――。渋くて格好いい。「原野を駆ける我らが意思よ、竜をも破る峻烈なる加護を」の呪文により軍団を強化し、戦場を駆け抜けるのだから好きにならざるを得ません。

 聖なるかなのオリ主物。何も持たない愚者が最弱の永遠神剣を手にしたとき物語が始まる――。非常に出来が良い。盛り上げ上手だわ、キャラの動かし方が上手いわ、文句なし。少年成長物としてストーリーだけなら本編を圧倒している。最終決戦前の『聖なるかな』という文句の出し方が鮮烈。あとユーフェリア可愛い。

 美少女が腐った英国の魔法協会を壊そうとする話。苛烈で華麗な主人公がまさに悪のカリスマで格好いい。ただでさえ惚れる要素を起点として、魔法学園物と並列して、主人公がどのように人を止めていき『物語の敵』となるのかをきっちりと書いているため没頭させられる。そして、不死鳥の騎士団編で再び普通の学園物に戻った違和感が積み重なった先、52話-53話で破裂するのが鮮烈だった。ここからどうなるのか、そしてどう――倒されるのか、実に楽しみ。


 以上。これは傑作と思ったweb novelがあれば、教えていただければ幸いです。戦記、俺tuee、オリ主、TS、ハーレム、チート、殺す覚悟、原作を壊す覚悟もどんとこい。ただクロスは余程出来が良くないと好きくないです。

<更新録>
2013/12/4 「ご主人様は思春期」「Muv-Luv オルタネイティヴ Last Loop」
2014/1/26 「祖国の華」「ベイダー卿がゼロのルイズに召喚されたようです」「魔法少女は諦めない」