ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン Ⅰ~Ⅹ 雑感

VRMMO<ガンゲイル・オンライン>を舞台にしたSAOの外伝小説。 銃火器が武装のメインという世界は作者・時雨沢恵一さんにとって自家薬籠中の物。結果として、VRMMOでサバゲーを思いっきりやろうという非常に趣味的な小説が降臨したのでした。 主に描写される…

ワン・モア・ヌーク 雑感

2020年3月11日 東京で原子爆弾を爆発させるとテロの予告がされた。未曽有の大惨事になるタイムリミットまでに犯行を防げるか―― 長編サスペンス。 東京で原子爆弾を爆発させるために準備するテログループ、スペシャリストの視線からテロに用いられうる原子爆…

パワーワードの尊い話が、ハッピーエンドで五本入り 1,2 雑感

「パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り」に続く、電子書籍のみでの出版の短編集。それぞれ5本の短編と1本のボーナストラックが収録されています。 前の感想で相方同士の生み出し方が巧みだと書いたのですが、相変わらずその手腕は健在。 そ…

2DK、Gペン、アフタータイム。 大沢やよい短編集 雑感

大沢やよいによる百合漫画短編集。 『2DK、Gペン、目覚まし時計。』のアフターストーリーが読めるのが看板の一つです。あれからの甘々な日常を描いてあり、当シリーズを読み通した身としては確かに大いに楽しみませてもらいました。 しかし本短編集で最も時…

名馬堂々。 雑感

返す返すウマ娘のアプリが競馬への姿勢をがらっと変えました。 それまで心底興味がありませんでした。強いて競馬関連の情報を目にしたことがあると言えるのは、ジャンプでマキバオーをちらっと読んだことがあるなとか、ディープインパクトが新聞で騒がれてい…

好きな子がめがねを忘れた8 雑感

小村くんが隣の座席の気になる女の子・三重さんが眼鏡を忘れたのをサポートしだして早8巻目。 ワンアイディアのシチュエーションで始まったラブコメが登場人物を無暗に増やさずにきちんと続いているのは素直に素晴らしいと思います(始まりのシチュエーショ…

兄の嫁と暮らしています。 1-10 雑感

女子高生の岸辺志乃は幼い頃に両親が亡くなり、ただ一人の肉親の兄も志乃が高1の時に死んだ。身寄りのない志乃は兄の嫁と共に暮らしていくことになる―― 片や近しい血縁関係者がいなくなった志乃と、片や結婚後早くに未亡人になった希との同居生活を描く、ホ…

儚い羊たちの祝宴 雑感

米澤穂信によるミステリ短編集。それぞれ独立した短編なのですが、ある程度フォーマットは共通しています。 どの短編も良家の使用人あるいはお嬢様が視点人物であり、華美な館で起きた事件・惨劇について述べられています。 家々は歴史ある旧家から成り上が…

安達としまむら 10 雑感

安達としまむらもとうとう10巻目。8巻で海外旅行というエンディングが描写されたのですが、そこに至る過程をまだまだ拾っていくよーという感じでシリーズは続いています。 前の9巻では高校時代のクリスマス、安達としまむらの2家族が集合しての確かに楽しか…

ふたりべや9 雑感

高校生から始まった桜子とかすみの同居生活は8年目。大学4年の卒業旅行~就職1年目までを描いています。 年を経てステージが上がっていっても二人の同居したまったりとした日常は変わりません。 お互いは判り過ぎるぐらい判っている以心伝心で、ずっと一緒に…

モノクロの君に恋をする 雑感

背伸びして受験した東京の大学に合格し、希望の漫画研究会に所属した少年・小川卓巳。彼は明るいキャンパスライフを夢見ていたが、待っていたのは癖のある研究会の面々との騒がしい日々だった。漫画について大いに話し合い、漫画家を目指す同級生の女子から…

星を創る者たち 雑感

太陽系内の衛星・惑星での大規模工事におけるトラブルとその解決にエンジニアが挑む――という土木SFの連作短編集。 月面に隧道を設置する工事の圧送システムの不調、火星の水資源開発現場を覆う与圧ドーム内での二酸化炭素濃度の軽微な上昇、水星でのマスドラ…

ニンジャバットマン 上・下 雑感

アーカム・アサイラムでのゴリラ・クロッドの実験の失敗により、バットマンやヴィラン達は江戸時代に飛ばされてしまった。戦国大名に成り上がり身勝手な歴史を作ろうとするヴィランを相手に、バットマンは元の未来を守れるのか―― アニメの方は観ておらず、こ…

錬金術師の消失 雑感

軍務省国家安全錬金術対策室《アルカヘスト》のスタッフ2人は《第五神秘・エーテル物質化》の謎を解くため、表面が液体水銀で覆われた《水銀塔》へと向かう。王国と帝国の緩衝地帯に位置する水銀塔にそれぞれの目的を秘め14人が集った翌日、首無し死体が2体…

Fate/Grand Order-Epic of Remnant-亜種特異点3/亜種並行世界 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負 4 雑感

英霊剣豪”アサシン・パライソ"戦の終結/宿業両断までと加藤段蔵戦の導入まで。 このシリーズの感想を述べる時のもう枕詞となっていますが、いやあ相変わらず画が華です。 望月千代女と清姫とが蛇に呪われ、蛇に翻弄され蛇を用いて戦う――蹂躙してくる様が実…

焼いてるふたり 3 雑感

距離感がまだ微妙に遠いけどお互いイチャイチャはする、悶えるラブコメパワーは超健在でした。 大人なのに結婚して直ぐヤラないのは逆に不自然と言う考えもあるかもしれませんが、そもそもそんな自然を求めているわけでもなく、結婚から初めて徐々に好きが募…

ハコヅメ 17&別章 アンボックス 雑感

今回17巻とアンボックスは同時に出版されました。時系列的には17巻→アンボックスとなり、自分はそう読みました。そして読み終えてから堪らず、癒しと笑いを求めて即座に17巻を読み返した次第。 いや、ほんとアンボックスが嫌になるくらい良く出来ているんで…

ハコヅメ 1-16 雑感

岡山県の地方の警察署を舞台とし、アホで一途な女性警察官・川合を主人公としたお仕事漫画。 長く連載されていますが寡聞にして知らず、最近ドラマ化されるという情報で知ったミーハーの口です。今回kindleでセットで20%セールをしていたので大人買いして読…

文学少女対数学少女 雑感

推理小説を書く趣味を持つ女子高生・陸秋槎を主人公としたミステリの短編集。 陸秋槎が犯人当て小説を書き、数学の天才の少女・韓采蘆がその小説の論理性の問題点を上げ、その問題点の解消が現実に起こった事件の解決に結びつく、というのが基本の展開となっ…

【推しの子】4 雑感

ガチ恋の打ち上げ~B小町のファーストステージ編までが収録。 キレキレに面白いのはもう当然というレベルに信用しています。 ただ本巻はweb公開の時点で胸キュンキュンした話が入っているのですが、流れで読んでより盛り上がった次第。 そう、あれです。 1話…

アンデッドガール・マーダーファルス 1、2 雑感

時は19世紀末の地球、産業革命によって徐々に数を減らしているけれど未だモンスターが人間に交じって生きている世界。青髪のふざけた半鬼半人の男と洒脱なメイドとが"鳥籠"に従い、探偵として怪異が関わる事件に首を突っ込んでいく―― ミステリ作家による伝奇…

失恋の準備をお願いします 雑感

日の下町を舞台にした連作短編小説集なのですが、優秀なシチュエーション・コメディでした。 とにかくシチュエーションの立て方が上手い。 「第一話:上京間近のウィッチクラフト」では遠距離恋愛を嫌がる女子高生が自分は魔法少女だと嘘をつき、なおかつつ…

パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 1、2 雑感

電子書籍のみで出版されている川上稔の短編集。それぞれ独立した恋愛短編小説が5本ずつ収録されています。 作者はこれまで長編の中で数多くの印象的な相補性のある相方同士を生み出してきました。それは主役敵役脇役問わずであり、例えば都市シリーズでは≪救…

同棲生活 1-3 雑感

ライターをしており在宅勤務の年上・みゆきさんと、一般企業に勤める年下・ゆうちゃんとの社会人百合同棲物。 基本的に部屋での2人の日常を描き、あまり部屋の外は描写されません。そのカップルが同棲している空気を吸えるのがラブコメ的に秀逸でした。 (同…

緋色の囁き<新装改訂版> 雑感

厳格なお嬢様学校である聖真女学園高等学校に転入させられた冴子は自らを魔女だと語る女生徒とルームメイトとなる。そしてルームメイトが焼死体で発見された夜から、女生徒を被害者とする連続殺人事件が起きるようになった―― という感じに始まる、綾辻行人氏…

戦の国 雑感

戦国時代を舞台にし著名な武将を視点人物とした短編集。 歴史物なので変な言い方ですが、人物の設定が共有されている連作形式となっていました。 まず個人的には、史実を語るのではない歴史小説が書かれる場合では作者ならではの解釈を望んでいます。 史実の…

ハロー・ワールド 雑感

数々の素晴らしいSF小説を世に生み出してきた藤井太洋氏による新規の短編集。 既刊のどの作品もテクノロジと人とをバランス良く扱ってきましたが、本作に収録されている短編はいずれも人間社会にテクノロジをどのような意志を持って適用されるかどうかにより…

【推しの子】1-3 雑感

太陽みたいな笑顔 完璧なパフォーマンス まるで無敵に思える言動 吸い寄せられる天性の瞳 (【推しの子】3、kindle No.142) ――B小町のアイ、一世を風靡したアイドル。 活きの良いシリーズは展開が圧縮されて速くて強い面があると個人的に考えていますが、本…

夢に現れる君は、理想と幻想とぼくの過去 雑感

会社を辞め親友の家に同居しているぼくは夢で死者に会う方法を知る。死んだ幼馴染に会うためにぼくはその方法を試し、かつての反省をやり直そうとする―― 初めて読んだ作家でオールタイムベスト級に好きな作品に出会った後に当然とる行動は、他の作品にあたる…

五等分の花嫁 1-14 雑感

高校2年生の上杉風太郎は五つ子の美少女と出会い、親の借金を返すアルバイトのために彼女らの家庭教師になった。 5年後、彼はその中の1人と結婚式を挙げることになるのだが、いったい誰とだろうか―― という学園ラブコメ。 赤点すれすれの低空飛行の五つ子の…