ゲーム

Summer Pockets 感想

夏、少年は亡くなった祖母の蔵の整理の手伝いのために島を訪れる。 そこで彼は一生忘れられない夏休みを過ごすことになる―― 誰もがそうかどうかは知りませんが、私は極少ない作り手に対して、素晴らしい魔法をかけてくれる、今は違ってもいつかはきっとと、…

VA-11 Hall-A 雑感

ヴァルハラに勤める女性バーテンダー・ジルとして客にカクテルを提供しながら身の上話を聞いていく――というスタイルのビジュアルノベル。 "Cyberpunk Bartender Action"と銘打っていますが、別にアクションはありません。 酒の名前とわかりやすいものから味…

レイジングループ 雑感

霧が村を覆う時、おおかみが村人に紛れ込む。 おおかみは一晩に一人殺す。 村人らはおおかみに対抗するために宴を開いて一日に一人くくる。 おおかみが勝つか、ひとが勝つか。 主人公は何度もループしながら、その黄泉忌みの宴からの生き残りを目指す―― と言…

うたわれるもの 二人の白皇 感想

大国・ヤマトは帝亡き後、重臣・ライコウが偽りの姫を帝位につかせて、国に仮初めの平穏を取り戻そうとしていた。 しかし偽りの仮面をつけた『オシュトル』は正しき姫のどれほど血が流れても父たる帝を継ぐという意志を元に、ヤマトに反旗を翻す。 遂に国を…

FLOWERS 冬篇 雑感

冬来たり、春に去った匂坂マユリを追う準備が整った。 白羽蘇芳は彼女を取り戻すため学園に秘められた謎に遂に迫る―― 女学院・聖アングレカム学院を舞台とした百合学園ミステリADVの第4弾。完結編です。 口ごもったあやふやな証言を吟味し、鍵を集め、碑文と…

FLOWERS 秋篇 雑感

これまで聖アングレカム学院に伝わる七不思議に纏わる事件が起こってきた。 春――"血塗れのメアリー" 夏――"碧身のフックマン" そして秋。生徒会長・八代譲葉は"寄宿舎のシェイプシフター""彷徨えるウェンディゴ"に纏わる事件に巻き込まれる。 同時に、幼馴染…

FLOWERS 夏篇 雑感

言動に皮肉に満ちた車椅子の少女・八重垣えりかは初めてのルームメイトとして転入生を迎える。 彼女の名は考崎千鳥、歌とバレエの巧みな取っ付きにくい少女だった。 一癖ある少女たちは同居生活を通して、自らも他者も傷つけていた棘を溶かしていく―― 女学院…

FLOWERS 春篇 雑感

白羽蘇芳は祖父と二人暮らしで通信教育のため、高校生になるまで同年代と触れ合いがなかった。 友達を作ろうと、3人一組をアミティエという制度を設けている全寮制のミッションスクール・聖アングレカム学院に入学する。 その女学校で彼女は待ち望んでいた学…

ペルソナ5 雑感

冤罪の傷害事件で保護観察処分を受けて東京に転校してきた主人公。 彼は非道教師の認知の世界に迷い込んで以来、悪人の心を奪い改心させる怪盗団のリーダーとして過ごすことになる―― RPGです。ペルソナシリーズの正式ナンバリング5弾。知り合った人々と絆を…

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 雑感

発売前は予約さえすれば手に入ったswitchをスルーし、入手困難で毎週抽選で数人しか当たらないようになった時期にスプラトゥーン2やモンハンXXが近くなってきたので欲しくなったので本家サイトと通販サイトをあさりまくるという、何だかなーという行動をとっ…

うたわれるもの 偽りの仮面 雑感

記憶を無くした青年は旅をする少女・クオンと出会う。クオンは人間にはない筈の耳としっぽがあり、そして逆に耳としっぽが無い存在は彼だけだった。 クオンは彼をハクと名づけ、鉄扇を武器として貸し出し、彼と共に旅を続けることになる。 その出会いから、…

Fate/Grand Order 雑感

人類は繁栄を誇っていた。しかし2017年で人類は滅亡すると観測され、突如過去の人類の繁栄を約束するはずの転換期は全て失敗へと書き変わった。そして現在の人理継続保障機関・カルデア以外全てが焼却された。 人類滅亡を回避する手段はただ一つ。過去に介入…

WHITE ALBUM2 幸せの向こう側 感想

ポエムにしてラブレターです。 私はこのゲームが好きだ、そう伝わると良いなと思います。 - アイドルとの恋愛、三角関係、そして浮気が特徴的だった前作WHITE ALBUM。 異色であったタイトルに2として継いだ本作は、ある種浮気をメインとする精神的続編でも…

WHITE ALBUM2 幸せの向こう側 introductory chapter 雑感

※いつにもましてポエムなので注意。 - この章をプレイするのはPC版から数えると10数回となります。ICを初めてプレイしてから6年近くとなり、その間にCCが発売され、コンシューマ版が出ました。その全てを購入し、購入するたびごとにICを繰り返していました。…

フォトカノ kiss 雑感

フォト部あるいは写真部に入り、写真を撮りながら美少女ヒロインと仲良くなっていく恋愛SLG。 シナリオは特に見るべきところはなく、メインでもありません。 "美少女ヒロインの写真を撮る"。 ただその一点に関してこのゲームはほぼ極限まで磨き上げていまし…

いけにえと雪のセツナ 感想

"古きよきRPG"を目指して作られた本作。 そもそもRPGは多様性を容認する器であり、原点回帰の原点ってどこという話ではあります。 しかし私にとっては原風景はSFCのFF6、DQ6、テイルズオブファンタジアなので、良く言う嘗て良かったJRPGです。 個人的に成…

DARK SOULS III 感想

『火の無い灰』として何度でも何度でも成し遂げるまで繰り返し、蘇った王らを斃していく――というダークファンタジーのアクションRPG。 既にこのシリーズは難易度高い3Dアクションとして名声を博しており、説明は不要でしょう。 私は反射神経が鈍く、細かい操…

少女たちは荒野を目指す 雑感

しがらみとかクリエイティブ魂とか社会性皆無のコミュニケーションとか面倒なことには事欠かず、でも最後には才能と実績がものをいい、売り上げという目に見える形で結果が出る。そして当たれば金のリターンはデカい。たとえて言えば目の前にあるのは荒野で…

STEINS;GATE 0 雑感

物語の世界線はβ――椎名まゆりを救い、牧瀬紅莉栖を失った世界。そしていずれは第三次世界大戦が巻き起こり、未来にディストピアが確約された時間軸。 主人公・岡部倫太郎は失意に沈み、鳳凰院凶真という名前とともに厨二病を捨てていた。 しかし牧瀬紅莉栖を…

エースコンバット 3D クロスランブル+ 雑感

言わずと知れた3Dフライトアクションシリーズの1作、以前に3DSに出された無印のリメイクになります。と言っても調べる限り、新要素はコラボ機体ぐらいで、ミッションに変更があったりすることはないようで、以前のものを持っている場合はよっぽどのファンで…

ダマスカスギヤ-東京始戦- 雑感

本作はPSvitaのDL専売ゲームです。ダマスカスギヤ 東京始戦 クリアレビュー。|悪食のゲーマーブログの記事を読んで気になったので購入してみたのですが、見事に私の趣向にヒットしました。そもそもジャンルの名前が"ロボットカスタマイズ ハック&スラッシュ…

Fate/stay night [Realta Nua] vita版 雑感

クリアしたので簡単に感想をば。 PS2版はプレイしていないので、コンシューマー化したFateに触れるのは初めてになります。大まかな内容については今更言わなくても良いでしょう。PCオリジナル版からの追加要素とかシステムについてのみ記載することにします…

ギルティクラウン ロストクリスマス 雑感

最初に『ギルティクラウン』について簡単に触れておきましょう。2029年12月24日に感染すると身体が結晶化していくアポカリプスウイルスがパンデミックを起こした。その<ロストクリスマス>以降、日本は無政府状態になり、GHQ下で統治を受けることになった。…

スーパーマリオ3Dランド 雑感

初めに まずは私のマリオにまつわる昔話から。 マリオにはSFCのスーパーマリオワールドから入りました。てってけ走り、上へ横へジャンプしたり、ブロックを足場にしたり壊したり、土管に潜りツタを登るだけで隠された場所に移るなどの判りやすい移動方法。敵…

CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu! 感想

『CHAOS;HEAD』のFD風味な続編の位置づけ。 本編で妄想トリガーによりタナトスなネガティブ妄想とエロスなポジティブ妄想を存分に繰り広げたにせよ、ヒロインとイチャイチャ(作品に準拠して以下“らぶちゅっちゅ”)するギャルゲーの空気は殆ど感じ取れません…

ラクガキ☆ぴーすふるっ! 感想

主人公は唯一のオカルト部員にしてまったり変人の女子高生。そんな彼女の友人に果たし状が来て、さあどうするか――という導入のフリーゲーム。 ゲームパートは3日間7時間の授業を受けるSLG風味でした。授業中に寝たり、筋トレしたり、妄想したりして己を鍛…

いもいも! 雑感

妹萌え属性を持つ主人公は同い年の義妹出来て浮かれていたが、ただ一つ「お兄さん」と呼ばれないことが気になっていた。そして彼らは兄妹になって初めてのクリスマスイブを迎える―― という感じに、3人のヒロインとのクリスマスイブの1日を描いたフリーの恋…

ペルソナ3ポータブル 感想

ペルソナシリーズは一度プレイしてみたかったので、「PSP版まだー」と出る前は煽っていたのですが、出てみるとクリアするのに1年近くかかったという罠。や、他のゲームと被って、一旦UMDを出すと、中々再プレイに至らないんですよねー。 それでも、ようやく…

ユグドラ・ユニオン PSP版 感想

WE'LL NEVER FIGHT ALONE この副題を直訳すれば“我々は誰も一人では戦わないだろう”、或いは意訳して“何人も一人では戦わせない”。 この副題――宣言が物語に、システムに響いていました。 お話・その1 帝国軍により王国は滅ぼされた。亡国の王女は逃げる最中…

Fate/Extra 感想

舞台は月、時は未来、万能の願望機を巡って聖杯戦争が開催される。 128人の奏者《マスター》。 128騎の英雄《サーヴァント》。 生き残るのはただひとくみ―― 私のFateに対する妄想の何割かは聖杯戦争に参加したい――サーヴァントを駆って戦いたいという忘れえ…