ゲーム

ペルソナ3ポータブル 感想

ペルソナシリーズは一度プレイしてみたかったので、「PSP版まだー」と出る前は煽っていたのですが、出てみるとクリアするのに1年近くかかったという罠。や、他のゲームと被って、一旦UMDを出すと、中々再プレイに至らないんですよねー。 それでも、ようやく…

ユグドラ・ユニオン PSP版 感想

WE'LL NEVER FIGHT ALONE この副題を直訳すれば“我々は誰も一人では戦わないだろう”、或いは意訳して“何人も一人では戦わせない”。 この副題――宣言が物語に、システムに響いていました。 お話・その1 帝国軍により王国は滅ぼされた。亡国の王女は逃げる最中…

Fate/Extra 感想

舞台は月、時は未来、万能の願望機を巡って聖杯戦争が開催される。 128人の奏者《マスター》。 128騎の英雄《サーヴァント》。 生き残るのはただひとくみ―― 私のFateに対する妄想の何割かは聖杯戦争に参加したい――サーヴァントを駆って戦いたいという忘れえ…

げにをこがまし! 感想

短編学園物。フリーのADVです。 母親が“くノ一”の格好で部屋に忍び込んでアラームに細工したというネタから始まり、十字路で“ハナ少納言”と名乗る変人女子学生とぶつかり、朝の挨拶で担任とクラスメイトが人質話でぼけまくるとテンポよく無茶ネタのギャグが…

PSP版『CHAOS;HEAD NOAH』 感想

その目だれの目? 名作と名高い『シュタインズゲート』に取り掛かる前に、折良くPSP版で出た“妄想科学ADV”第一弾の本作をプレイしてみました。 設定について 確かに全編に妄想科学/陰謀論的要素が行き渡っていました。お腹いっぱいなぐらいに。 まず妄想科…

うたわれるものPSP 感想

発売直後に買って、最近クリアしました。寝る前にちまちまやっていたとは言え、1年近くかかったことになります。いやはや。 『うたわれるもの』は大好きなエロゲの一つであり、CD版を2回、DVD版を1回クリアしている程度にははまっています。といっても、ゲー…

東京アリス 感想

フリーのADV。 欧太は3日間も休んでいる幼馴染のありすの様子を見るために団地の上の階にある彼女の部屋を行こうとした。しかし途中で不思議の国のアリスのアリスめいた服装をしたありすに出会った。奇妙な格好と様子のありすに導かれて団地の裏に行くと――、…

Eversion 感想

フリーの2Dアクション。 ↑のスクリーンショットから何となく伝わるでしょうが、画面や操作方法は単純です。使用するボタンは左右の移動とジャンプと“evert”だけで、宝石を集めつつゴールに向かうのが目的となっています。最終的にはお姫様のところにつくとエ…

ダライアスバースト 感想

ダライアスシリーズの12年ぶりの新作。PSPでの横STGですが、操作性は良好で画面も見やすいため携帯機のストレスは殆どありません。 システムはショット(対空武器)、ボム(対地武器)、アーム(バリア)を強化しつつ面を進んで行くというもので、基本的には…

GENETOS 感想

進化するシューティングゲーム そう題されているようにシステムのあらゆる面で進化していくSTGとなっています。 まず自機について言いますと、敵機を破壊すると出現する緑のアイテムを集めると自機が進化していきます。最初はインベーダー風で移動範囲は左右…

END END SUMMER 感想

少女は病室で目覚めると母親の死を聞いた。少女は認められずに自宅に逃亡し、延々と誰にも知られずに暮らそうとした。海の底に沈んでいくような生活の中、突然見知らぬ青年が訪れ、何故か見張られることになり、10日間の共同生活が始まった―― という内容の…

セブンスドラゴン序盤 雑感

現在OP映像が流れ、最初の山を越えようかという序盤も良い所なのですが、はまりつつあるので雑感を軽く書いてみました。 OP付近をややネタバレしています。 概要 『セブンスドラゴン』は『世界樹の迷宮』を作成されたディレクターにより製作指揮されたDSの…

BORDER BREAKが面白い

アーケードゲームを定期的にプレイする習慣はありませんでした。ほんと昔にバーチャロンを少し触ったことがあるぐらいで、ゲーセンに足を踏み入れることさえ稀でした。 こうして過去形で語っているように、今回見事にはまってしまったようです。 ゲームの名…

茜街奇譚 ver 1.03 感想

感想 人と鬼とが棲む「茜街」を舞台にし、30半ばの中年男性の「相談屋」望月公信と、20代前半の破魔の才能を持った美女・藤原姫乃とが鬼に絡んだ事件に関わっていく、というのがこの作品の基本骨格。所有されているのはメインストーリー1本と、エンド別に増…

乙女の恋愛事情エピソード1 銀色ペンダント 感想

いきなりパンツの色を言ってくるさっぱりとした眼鏡さんが幼馴染に欲しい。 プレイした正直な感想がこれですが、どうよ。 いや、「想いよ届け! 校内放送にのせて――」と言い、ここのサークルさんのヒロインの造形はストライクど真ん中になります。少し不思議…

想いよ届け! 校内放送にのせて―― 感想

放送部の2人の出会った恋と事件の顛末を描いた小品。 一日で作ろうという企画なので短いのですが、しっかりとしたでも恋する少女とぼんやりとしているけど実は頼れる少年とのキャラクタが短いなりにテンプレ以上に確立していました。メイン2人のキャラが立っ…

ObstacleOvertureInterlude

不定期俺日記ver.2 ●ObstacleOvertureInterlude(オブスタミニゲーム) 面白難しかったので紹介します。 電撃文庫magazineで連載中のObstacleovertureを作者自らミニSLGにされたもの。将棋のようと語られている通り、レベルアップという概念が無くて行動も制…

D.C.Girl's Symphony 感想

感想 当方男ですのでひとつよろしく。 題名が示すとおり舞台は初音島であり、D.C.2と時間軸を同じにしています。 主人公は史桜という少女であり、ぼんやりとしていて平凡で鈍感だけれど、素直で笑顔が素敵という設定。徹頭徹尾、その可愛い女の子っぷりはぶ…

Baseball Mogul 2006 プレイ終了

かくして夢はかなえました。 Ankiel選手の現実での活躍を心待ちにし、いったん終了とします。 ……終わり時が見つからず、時間をずるずると使わされてしまうので、こういった区切りを作らないことには他のゲームができなくなってしまいます。

Baseball Mogul 2006 プレイ中

現在の目標は叶わなかった夢を取り戻しにいこうというもの。 その夢の名前はリック・アンキールといいます。魅力的なストレートとフォームを持ち、登場した時は行く行くはリーグで1,2を争うようになると期待していました。が、ノーコンが激しく、矯正しよ…

Baseball Mogul 2006

感想 儚雪の空さんの2008年3月12日の記事で紹介されていたのを見て、MLB好きの末席を汚す者として興味を持ちました。 それでdlしてプレイしているのですが、何と言うか、楽し過ぎてたまりません。ローテーション、打順の組み換えなどは当然のこと、この選手…